診療方針

ご家族のライフスタイルや環境、社会の変動とともに、動物とのかかわり方にも変化があり、 近年ではおうちで飼われている動物たちのことを、“ペット”という言葉を使わず、 “コンパニオンアニマル(伴侶動物)”と呼ぶようになってきました。

ある調査では、アメリカではそんなコンパニオンアニマルのことを“友人”としてとらえて考えられることが多く、 日本では、“家族”“子供”としてお考えのことが多いというデータがあり、国による違いはあるものの、 より一層身近な大切に存在として認識されるようになってきました。

また、HAB(Human Animal Bond=人と動物の絆)の考えも広まりつつあります。 人の暮らしの中で動物と触れあうことで、癒しだけでなく病気に対する治癒効果などが立証されるようになってきており、 人と動物のかかわりによって得られるものの大きさが認識されてきています。

診療方針画像

当院では、家族の一員である動物たちの一生の健康を守り、飼い主様の幸せにつながるような医療を提供していきたいと考えています。 大切な存在だから、苦痛をできるだけ取り除き、ご家族にとって納得のできる方法で診療を進めたい。そう考えています。

かみよし動物病院の5か条

▲ページ先頭へ戻る