ブログ

猫伝染性腹膜炎(FIP)治療の問い合わせについて


治療薬の新規受付状況
レムデシビル:新規受付を制限しております。
経口GS-441524:新規受付を制限しております。申し訳ございません。


治療薬についての情報はこちら
レムデシビル→https://kami-ah.com/blog/archives/139
経口GS−441524→https://kami-ah.com/blog/archives/133

経口GSおよびレムデシビルの治療開始とともに多数の問い合わせをいただいております。
しかしながら、FIPという病気は診断が難しく治療選択や費用についても十分に情報がないとお答えできません。
そこでお問合せいただく際に教えていただきたい内容についてまとめました。
治療をご希望の方は以下の内容を確認し、事前に必ずメールもしくは問合せにて事前にご相談ください。
なお電話での問い合わせおよび相談対応はしておりませんので、ご了承ください。
​また返信はgmailから行いますので、受信状況をご確認ください。

 



 ・動物さんの情報:お名前・猫種・年齢・性別

  現体重(成猫であれば元々の体重を教えていただけると費用面の目安が立てやすいです)

・FIPのタイプ(仮診断でも可):ウェット・ドライ・混合

・FIPの現症状:胸水 ・腹水 ・肉芽腫(部位も) ・眼症状の有無 ・神経症状の有無

・最終診断方法(現状実施中でも可):PCR検査 ・組織検査 ・血液検査 ・臨床診断

・詳しい経過

・現治療

・別のFIP治療を行なっている場合は治療内容(再発例では行なった治療内容)

・お住まいの地域(来院可能な方のみの治療となります)


*可能な範囲で検査結果などを添付ください
*不明な場合は可能な限りかかりつけの先生に確認ください
*検査や症状についてはできる限り詳しく経過を記載ください
*別のFIP治療を行なっている場合は必ず製品名および使用量を記載ください
*記載がない場合は確認に時間がかかり具体的なお答えがすぐにできません。
*治療に関しては来院可能な方のみの対応となります。
*治療薬のご用意には限りがあり、お問合せいただいた時点でご用意できない場合があります。
 順番にご用意可能かどうかを検討しますが、ある程度内容で確定的な方を優先的に治療希望をお伺いします。
 疑いがある時点での薬剤の確保はいたしませんのでご了承ください。
*こちらからの返信は24時間以内に行います。ご連絡はgmailから行いますので、受信状況をご確認ください。
 返信はお問い合わせいただい順に行いますので、治療希望の方はご返信ください。