ブログ

かみよし動物病院の最新の情報をお届けします。

にゃー達の、新しいケージカバー!!

しろ&うめは相変わらず元気モリモリです。

2人が寝るときに入っているケージのカバーが、仔猫の時の、超絶やんちゃっぷりで、ボロッボロになっており(苦笑)、今回、しろ&うめを譲り受けた、しましま屋さん(http://kijikijikiji.jugem.jp/)にオーダーして作っていただきました。(ケージもしましま屋さんに設置して頂いたサイズのままだったので、計測もしなくて良いというありがたさ!!)

茶色とかのシンプルなのがくるのかな~どんなのが届くかな~

と、思いながら、完成品を見てテンションあがりまくり!!

か・・・可愛い。猫柄のカバーでした!!

速攻、カバーを取り換えて、素敵になりました。

ありがとうございます!!

続きを読む

マンションの外壁工事中につき、駐車時ご注意ください。

マンション全体の外壁の工事・清掃が入っております。

病院玄関右手の駐車場(マンションの1F部分の屋根付きの場所)に1台と、足場が組まれておりますが、病院前にも、もう1台は駐車できるかと思いますが、こちらは大型車は難しいかもしれません。

お手数をおかけしますが、駐車が難しい場合はお近くのタイムズに駐車をお願い致します。

★★タイムズであれば、お帰り時に駐車チケットをお渡しできますが、

★★他のパーキングですと、領収書ベースでの「後払い」になります。(平常時はタイムズのみ対応ですが、外壁工事期間のみ、他のパーキングでも対応いたします。

★★また、通院のための駐車に限りますので、前後でのおでかけにつきましてそのまま駐車される場合は、ご自身でご負担をお願い致します。

何卒ご理解いただきますようお願い致します。

続きを読む

お知らせ 2021/06/04

2歳になりました

しろみそ&うめしそ、2歳の誕生日を迎えました。

普段は満腹感サポートのドライフードと、たまーに、ちゅーるを食べてもらってますが、

お祝いに、カリカリフードに、ジュレ仕立てのパウチとマグロのパウチを半々にして用意したら、一心不乱に食べてました。

喜んでくれて、こちらも嬉しい。

今のところ病気知らずで元気なので、このまま元気に過ごして欲しいものです。

 

 

続きを読む

久しぶりのしろちゃん

久しぶりに登場のしろちゃんです。

うめちゃんは、また別の機会にお出しします。

しろちゃんのツンデレが加速しています。

何せ、何をしても可愛いんですが、こっちがムギュッとしようとしても、ツンとされ、

ソファに座っているといつの間にか横いて、気づくと、距離を詰めてきます(笑)

しろみその思うツボというのか、はたまた天然でこれだけ可愛いことをするのかは謎ですが、

なんでこんなにかわいいんだろうかとため息が出ます。

続きを読む

母の日のお花

先日の母の日に、自分の母&義母にプレゼントしたお花と同じものを、当院でも飾っております。

垂水の山本花店さんに依頼したのですが、1週間以上たつのに、まだまだきれいです。すごい持ちですね。

かごに入ったカーネーションに、とっても癒されます。

かごの中にぎっしり綺麗に飾られて見ごたえ抜群で、喜ばれました。

IMG_0972.jpg

続きを読む

ゴールデンウィーク中の診療について

今年のゴールデンウィーク中の診療についてお知らせいたします。

下記ご確認の程よろしくお願いします。

 

●4/29(木・祝)『予約制』

10:00-14:00

●4/30(金)、5/1(土)『当日受付』

午前診察希望の場合→8:45より電話受付開始~11:30まで

午後診察希望の場合→16:30より電話受付開始~19:30まで

●5/2(日)、5/3(月・祝)、5/5(水・祝)『当日受付』

診察希望の場合→9:45より電話受付開始~13:45まで

診察時間は10:00-14:00です。

●5/6(木)〜通常通り

 

ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

よろしくお願いします。

続きを読む

お知らせ 2021/04/24

猫伝染性腹膜炎(FIP:Feline infectious peritonitis)の治療について②

従来より、FIPは不治の病と言われており、有効な治療はありませんでした。しかしながら、近年様々な薬剤の報告が出てきており、根治的な治療になる可能性も考えられる状況になってきました。

FIPを何例も経験している身からすると夢のような話ですが、まだまだ完璧な治療法は確立されておりません。また薬剤についても正しい知識をもって使用しないと思わぬ副作用や高額な医療をしたのに効果がなかったなど問題が生じる可能性が高いです。

我々、臨床獣医師として有効なお薬の登場に際し、治療における知識をさらに習得することは非常に重要であり、この度、改めてFIPの治療について文献を片っ端から読んでみました。多くの文献を要旨(まとめ)だけでなく、論文の全文読んでみて気付くこともたくさんあり、新しい発見や選択肢も得られました。

ブログ:FIPの治療について①に続きまして、今回は、これらの文献を踏まえ、現在FIPの治療として報告されている薬について記載します。ただし、文献を全文読むとまた違った見解になるものもあるので、詳しくはお尋ねください。薬剤については現実的に使用可能なものと、まだ使用できないものもありますので合わせて記載します。

FIPの治療について①はこちら⇒http://kami-ah.com/blog/archives/82

続きを読む